1  2  3  4  5  6 最後≫

2005年3月31日(木)

インテル踊ってる

インテルが真下特別サイトを立ち上げました。
交渉人 真下正義

スクリーンセイバーがダウンロードできたりいかにもインテルらしいんですが、思いの外深いです。
プレゼントが「接待」で、「和可竹」と「達磨」が出て来たりします。濃すぎだ。

判りにくい文章を書く方法

odologに登録して、初めて不特定多数に向けて文章を発信しているという人も多いのではないでしょうか。
自分の文章が他人に正しく伝わっているだろうか。そんなことを悩みながら書いている方もいるかもしれません。
そんな方(私も含む)の参考になれば。
判りにくい文章を書く方法 - hirax.net

私も自分の書いた文章を推敲して書き直したりします。
odologなんかだと公開してから手直しするのが必須事項になってまして、今まで100以上エントリーしてますが、書き直したことのないエントリーは10もないです。必ず手直しします。
今回もきっと修正箇所が出るでしょう。(追記:やっぱり出ました)

その時には、言葉を足すことが多いです。
主語が漏れていることが多いです。
書いている時には余計かと思って省いた主語が、あとから読み返すとそれがないために全体が不明瞭になったりしていることが多々あります。

句読点はいまだに上手くないですね。
効果的に付けられたと嬉しくなることもありますが、一方でどう付けていいのかサッパリ分からない時もあります。
そういう時はすっぱり諦めます。

全て自己満足のレベルでしかないので、本当に他の人から分かりやすいかどうかは私には分からないんですけどね。

2005年3月30日(水)

どうでもいいみどりの日

2007年から、4/29の「みどりの日」が「昭和の日」になり、5/4の「国民の休日」が「みどりの日」になるそうです。
4月29日を「昭和の日」、「みどりの日」5月4日に

昭和の日、ねぇ。
よく考えると、全く意味が分からない日だよね。昭和の日って何の日だ。

記念日なのに他の日と入れ替わってしまったみどりの日の受難。
そんないつでもいいような記念日だったのね。

まぁ、いざ祝日になれば「あれ?今日って何の日だっけ?まいっか」となるだけなので、文句言う筋合いは全くないんですが。

OFF会参加者募集中

OFF会の応募状況が今ひとつだそうです。
亀Pのぼやき

OFF会要項はこちらです。
OFF会でどんなことをするのか告知するとまた違う気がするんですけどね。
初めてだと何があるか分かりませんし。

ペアというのもネックなのかもしれません。
「誰か一緒にって言われても、一緒に行く人いないよ」みたいな感じで。
何かの熱狂的なファンであるということをカミングアウトするのって、気恥ずかしいですもんね。

かくいう私も踊るファンサイトまでやっておきながら、リアルな知人には殆どそのことを言っていません。
会社に青島コート着てきたりしてるくらいなので知らないことはないとは思うのですが、これほどだとは思われてないと思います。

こいのぼりも爆発だ

我が家も男の子が生まれたのでこいのぼりを飾ろうと思っているのですが、住宅事情もあってどうしようか悩んでいます。
せめてベランダがあればベランダ用を設置するのですが、ここにも書いたようにうちにはベランダがないのです。
岡本太郎デザインのこいのぼりがあった

これまた斬新なこいのぼりですね。
目玉がでっかすぎて鯉と言うより金魚に見えますが。

太郎鯉によれば一式で54,390円と、こいのぼりとしてはそんなに高くはないようです。

うちは1000円くらいのテレビの上に置くようなのはどうかと思ったりもしたのですが、そんなのなら飾らない方がいいような気もします。
五月人形でもいいんですが、娘のひな人形が先に押し入れに鎮座ましましているのでそれも難しいです。

悩ましいですね。

全国共通前売券

ポスター付の前売券はもう買われましたか。
あれは購入劇場限定の前売り券でしたが、全国共通前売券もそろそろ発売になるようです。

ご意見をもとに、もろもろ検討、結果は、

こうしてリンクを張ると、タイトルって大切だなと思いますね。
あまり意識されてる方は少ないようですが、blogは他人から参照リンクされるということを意識してタイトル付けされた方がいいです。

前売券の方は、真下のインカム付きセットが出るようです。
仕様がよく分からないのですが、3/18によるとケータイ用のようです。
USB対応ならまだ私にも使い勝手があった気がしますが、それだとしてもマイクはやっぱり使わないかな。

ローソン限定真下映画前売券発売

上のとは別に、ストラップ付きの前売券の告知がローソンに出ていました。
十六茶買いに行ったら、ちょうど貼りだしてるところでした。

#余談
どうやらこれが私にとってodolog100エントリー目の記事になるようです。(投稿後削除した記事もあるので、現存するエントリーを数えた場合、ですが)
踊るネタにこだわって、時事ネタを取り上げずにいました。

ホントは別に用意していたネタもあったのですが、とりあえずニュースがあるのでこちらを先に。

2005年3月29日(火)

勝手にストーリーを妄想して批判するニュース記事

あまり否定的/批判的な話はここでやりたくないのだけど、元ネタを取り上げた関係上。

少女家出事件に見えるネット社会の功罪
何でこの人はネットを目の敵にしてるのだろう。
そんなに嫌いなら今すぐパソコンぶっ壊してアナログの世界に行ってしまえばいいのに。

安易にパソコンや携帯電話を子供に与えるのでなく、親自ら子供の手を取って地域や学校での活動に積極的に参加していく事が重要であると思う。親と子、親と地域、地域と子供の結びつきが強ければ今回のような行方不明事件が生まれなかった気がする
今回の家出事件でこのライターさんがどんなストーリーを勝手に妄想したのか分からないけど、今回は「家出した娘を捜すのにブログで呼びかけた」というだけの話です。 パソコンと家出の原因はどこで繋がっているというのでしょう。携帯電話だって買い与えてないと書かれていました。 勝手にストーリーを妄想してそれを批判しているんだから、わけがわかりません。 家出したこととネット社会は全く関係ありません(多分)。

太古の昔から、気に入らないことのあった子供は家出をするのです。私もしました。

私が元ネタに突っ込みたいのは、なぜ小学5年の女の子が二三万も持って出かけてたのか(もう書かれてないけど)というところ。
私の頃だと、大金はしっかりお母さん貯金されて、利子が付くどころか知らない間になくなってるパターンなんですけどね。
私の場合は、小さい頃からため続けた郵便貯金を、小学四年で新潟から広島に引っ越した時に「お前のものの運び賃に使った」と言われました。

まさにその時家出したくなったのでした。

本広監督のodolog

本広監督のodologスペースが出来てました。
交渉人総監督雑記

SUMMER TIME MACHINE BLUESやら次のうどん映画やらでお忙しいと思うのですが、一体何カ所本広スペースが作られるのやら。

監督って大変ね。

ソメイヨシノはみな兄弟

ソメイヨシノは自生出来ません。
なので接ぎ木をして増やしてあげなければなりません。
というような話。

ソメイヨシノは全部クローン。 桜前線の秘密

クローンと言われると違うように思いますが、元は同じ一本のサクラということですね。

私は接ぎ木してやらないといけないなんてことすら知りませんでしたので、大変驚きました。
もっとも、私が見ているものがソメイヨシノかどうかの識別も怪しいものですが。

全てのソメイヨシノは人が手で植樹したものなんですね。
自然の美しさを堪能しているつもりが、すっかり人工の物だったなんて。

この名前の元になっている染井村の場所(豊島区駒込)には以前住んでました。
その時はサクラをただの木としてしか見ていなかったから何の感慨もなかったなぁ。

私が初めてサクラを花を愛でる対象として見たのは小金井公園のサクラでした。
毎年、散ったあとのピンクの絨毯の方が量が多かったですが、風が吹いてサクラの嵐に囲まれて、鳥肌が立つほど感動したのを覚えてます。

2005年3月27日(日)

行方不明の娘さんを捜しているブログ

家出(?)して行方不明の娘さんを探しているブログです。
つぐみ、どこにいるの?:娘を捜しています

ひと昔前なら確実にチェーンメール化したのでしょうが、ブログ文化のお陰で発信元がしっかり分かっていいですね。

何か情報があったら教えてあげてください。
3/16、仙台駅前が確認された最後の姿だそうです。

帰ってきたそうです。

室井映画一般参加ロケ情報(札幌)

さっぽろフィルムコミッションが、「容疑者 室井慎次」のロケの一般参加を募集しているそうです。

映画「容疑者 室井慎次」招集情報2(札幌)

真下映画の時にもさっぽろフィルムコミッションさん頑張ってましたが、室井映画の招致もバッチリ成功している模様です。

広島フィルム・コミッションも君塚監督の処女作「MAKOTO」では何かしらの支援をしたらしく、広島での舞台挨拶もあったようですが、室井映画は蚊帳の外みたいですね。残念。
私はあまり参加欲はないんですが、生君塚監督は見たかったかも。

広島試写会情報

広島での真下映画試写会の情報です。
既に取り上げられている方もおられるようですが。

交渉人 真下正義 試写会情報5

前にも書きましたが、私は公開日に初見したいので試写会は観ないつもりです。

好きな物はあとから食べるタイプです。

それにしても、結局公式イベントは中四国はスルーされっぱなしだなぁ。踊る人口少ないのかしらね。(確かにその実感もあるのだけど)

1  2  3  4  5  6 最後≫