1  2  3  4  5 最後≫

2005年4月30日(土)

交渉人 シナリオガイドブック 5月下旬発売

踊るファンにはバイブルであるシナリオ本が5月下旬発売だそうです。
真下映画 公式本情報2

真下本はこれが最後でしょうかね。

真下本が出揃ったら、次は室井本になります。
室井本も同じだけ出ますかね。
今現在、真下に比べると少し露出が少ないようですが、ずっとこんな調子でしょうか。

2005年4月29日(金)

舞台挨拶チケット確保

odologではまだ誰も報告してないみたいなので報告。

チケット、無事確保しました。
せっかくPコード書いて持っていったのに、ぴあのおばちゃんは台場や池袋のチケットばかり探してました。お陰で席はかなりうしろ(なのかな?)のQ列になりました。

チケットは30分程度で売り切れた模様。

2005年4月28日(木)

わめき続けているらしい

タフな人だな。
取調室でもわめき散らす騒音おばさん

ネットではラップまで出来てしまった「ひっこしー」のおばさんが、取調室でも相変わらずがんがん怒鳴ってるそうです。

この人にも言い分があるらしいです。何もないのに騒いだりしませんしね。
そういうご近所の関係は複雑なので外野からは理解しにくいですが、とりあえず彼女がカラオケでマイクいらないタイプだということは分かります。

サントラに付いてる割引券

真下サントラが届いたのですが、割引券が帯にくっついていて、はさみやカッターで切り取って使うようになっています。

こんなの使えるか。

私は帯も出来るだけ取っておくタイプなので、切り取って使うなんて出来ません。
まぁ前売券をたんまり買うと思うので、別で添付されてても使わないとは思いますけど。

そういえば、開封したばかりのCDの帯をすぐ捨てるのが男らしいと思っている友人がいました。
「俺って男らしいだろ」と自慢げにしていたのですが、そんなことを男らしいと思っている時点で、すでに男らしくないのです。
“そんなことは当然だからわざわざ言うまでもなく捨てる”態度でないとね。

でも私は男らしくなくていいので、CDの帯は取ってあります。

nintendogsのすれ違い通信

私も上京の際には持ち歩いて誰かとすれ違おうと思っているのですが。
すれちがい通信できた!

テレビで宇多田ヒカルがCMやってるnintendogsの話です。

すれちがい通信が出来たなんてうらやましい話です。
私のプリンちゃん(ミニチュア・シュナウザー♀)のところにはまだ誰も遊びに来てくれません。
そのためだけにNintendoDSをもう一台買っちゃいそうな勢いです。

真下の舞台挨拶の時にも持ち歩いてますので、持ってる人は是非すれ違ってください。

2005年4月27日(水)

越前屋俵太引退

タレントの越前屋 俵太氏が引退したそうです。
ブースポブログ:越前屋俵太さん引退

アイドルや歌手でないこの手のタレントが引退と言われても今ひとつピンとこないのですが、引退だそうです。
探偵ナイトスクープ以外ではあまり見かけなかったですが、制作・プロデュース会社も持っているようですし、タレント業以外が忙しくなったんでしょうかね。

ソースのブログは、関西大学の関係の話題を取り扱うブログのようです。
いろんなブログがありますね。今更ですが。

2005年4月26日(火)

舞台挨拶情報

OD1の時のように徹夜しなきゃいけないかと思ってましたが、全席指定となりました。
「交渉人 真下正義」舞台挨拶情報

OD1の有楽町マリオンに帰りますよ。

ちゃんと予定通り公開されるようで、そういう意味でもホッとしました。

踊る台詞遊び

ネットで少し前に似たような遊びが流行ったのですが、踊るに出てくる台詞を、日本語→英語機械翻訳→日本語機械翻訳と変換をかけてどうなるか楽しんでみます。
機械翻訳にはYahoo!翻訳 - テキスト翻訳を使用しました。

Yahoo!翻訳で英語化したあとすぐそれを日本語に戻します。

最近のネット翻訳はかなり優秀になってそれほど笑える結果は出なかったのですが、それでもいくつかヘンテコなものもありました。
一部を見てみましょう。

「疲れるほど働くな」 ↓ Do not work so as to be tired. ↓ 疲れているために、働かないでください。

ほら、あまり変じゃないですね。
元の台詞も誤訳しにくそうではあるんですが。

「ご苦労様の毎日だよ」 ↓ It is difficulty-like every day. ↓ それは、毎日、困難のようです。

なんだか聖書の一節にようになってしまいました。
こんな毎日だと、和久さんだったら達磨あたりに逃げ込みそうです。

「キムチいい」 ↓ Kimchi is good. ↓ キムチはおいしいです。

和久さん会心のダジャレも、普通に美味しくなってしまいました。
これでは口からラーメンのかけらも飛びません。

「どうして現場に血が流れるんだ」 ↓ Why blood flows through the spot. ↓ 血が点の中を流れる理由。

なんだか献血か科学の実験っぽくなってしまいました。
多分サラサラ血ですね。ポリフェノールをたっぷり摂ったんでしょう。

「青島、確保だ」 ↓ It is Aoshima, security. ↓ それは、アオシマ(保安)です。

青島は室井さんの命令で警備員に転職してしまいました。

2005年4月25日(月)

若者を大切にしよう

考えさせられるお話。
らくだのひとりごと: 席を譲らなかった若者

この話において諸悪の根源は年金問題。
少子化対策も今ひとつ力が入ってないように見えるし、このままでは確実に年金システムは破綻しますよね。
マスコミでも言われてますが、素人目にもすぐ分かります。

のんびり山登りも出来ない老後が待っているのです。
あぁ。

2005年4月24日(日)

まだおかしい編集機能

過去の記事を編集すると、ブログの更新日(例えば張り込み機能で表示される更新日時)が編集したブログのエントリー日時になります。

具体的には、先ほど宣伝部隊一覧(3/16 23:59)を更新したら、当odologの更新日付が3/16 23:59になってしまいました。

前は確か更新した実際の日時が入っていたと思うのですが、前からこうでしたっけ?

[追記]
前からこうだった模様。
変な仕様ですね。

編集機能復活

アナウンスされてませんが、編集機能がまた有効になりました。
私は何度も書き換えるタイプなので、編集機能が無効の間大変困りました。

とりあえずよかったです。
宣伝部隊一覧がようやく更新出来ます。

たまごっちブームらしい

和久さんのたまごっちはどうなったでしょうかね。
また新型を手に入れて遊んでいるでしょうか。
復活たまごっち 通信機能人気、売り切れ続出

通信機能が付いて復活したのは知っていたのですが、またブームになっていたとは知りませんでした。
確かに、先日も玩具屋にあるでかいたまごっちに向かって通信している子供の集団も見かけましたし、楽天あたりでも軒並み売り切れだし、オークションでも若干ですがプレミアが付いてるようですし、ブームなんでしょうね。

バンダイは、前回のたまごっちブームの時に模造品が溢れかえったり潮時を間違えたりして大損害食らったようですが、今回はどうでしょうか。
通信機能があるから模造品対策は大丈夫そうですけどね。

真下映画や室井映画には小さいリンクとして出てくるかもしれません。(多分出ませんが)

1  2  3  4  5 最後≫