2005年4月11日(月) 11:41

逃げていく目覚まし時計

私も若い頃には朝が本当に苦手で、何があっても起きられなかったですね。
目覚まし三つ置いて時間差で鳴らしましたが、それでもダメな時もありました。
これなら効いたでしょうか。
究極の「かくれんぼう」タイプ目覚まし時計に注文殺到

まだ市販化されてないのに、欲しい人が殺到しているそうです。
Clocky
こんな毛むくじゃらの目覚まし時計で、車輪が付いていて、走って逃げていくそうです。

あまり遠くに逃げられると聞こえないという弊害もありそうですが、その分でかい音が鳴ったりするんでしょうかね。
日本の住宅事情では厳しそうです。
四畳半の部屋なら例えどこに逃げても手が届くし。