2006年5月13日(土) 12:10

経過報告

手術をした2月23日から本日で79日目。(日数計算スクリプトは便利だ。自画自賛)
特に異変があったわけではないけど、記録として現在の状態をメモしておきます。

●頭痛

ここ数日痛む時が多くなってきました。
ズキズキするというか、ジクジクするというか、かなり不快な痛みで、一度痛むと30分くらい続きます。
頭を抱えるほどではないですが、一昨日は痛み止めのロキソニンを必要とするほどでした。

雨か冷房かどちらかが関係している気がしますが、気のせいかも。

痛むことがあるし、それは一年以上続くかもというのは手術後にも聞いていたので、予定通りといえば予定通りです。
でも見えないところの痛みなのでちょっと怖いです。

●足のしびれ

左足先がしびれていましたが、すこーし軽減された気がします。
軽減というか拡散している感じで、足先だけだったのがかかとくらいまで広がっています。

以前は脱げたスリッパを履くのに見ずに履くのは不可能でしたが、今はだいぶ履けるようになりました。かなり感覚が戻っている気がしますが、状況に慣れただけかもしれません。よく分かりません。

もともと日常生活に支障ないくらいで、あまり困ってません。
足の爪を切るのは相変わらずちょっと怖いですが。

●髪の毛

手術の時の放射線か、血管の閉塞のどちらが原因かよく分からない右耳のところの抜け毛。
3月16日に写真を載せましたが、あれからもう少し進行した状態でストップ。

それから徐々にではありますが生えてきている気がします。
私からはよく見えないし妻は何も言ってくれないのでよく分かりませんが。

ずっと気にして帽子をかぶっていましたが、よく考えたら誰も私のことなんて見てないということに気がつきまして、ハゲ隠しの帽子はやめました。
普通に日差しが強い時にかぶるのみ。

でも、昔の知り合いにはまだちょっと会いたくない気分です。
また久々に集まろうという話も出ているのですが。

●他の後遺症

私の入院生活はたんぽぽにものすごい精神的負担を与えたようで、ちょっとしたことでも「またパパ入院?!」と勘違いしてワンワン泣き出します。

先日の鳥取旅行の時にも「明日はヨソでお泊まりだよ」と楽しそうに話していたら、「パパまたお泊まり?!イヤだー!お泊まりやだー!」と号泣しはじめました。「みんなで行く」と何度も説明するのに、興奮して錯乱状態になっていました。
昨日も妻が「母の日だからおばあちゃん(長崎在住)にケーキ送るんだよ。手伝ってね」と言ったら、また「やだー!」です。去年、私だけ置いてみんなは長崎に二週間ほど里帰りしたのですが、それと勘違いしたようでまた大号泣。「ケーキだけ行くんだよ。ほら、宅急便屋さんに持ってってもらうの」と説明しますが、これまた錯乱していて聞く耳持ちません。
そのうち、自分は幼稚園が休みなのにパパは仕事に行く(←土曜出社の日なので)ということに対しても「パパ行かないでー!」と泣き出す始末。

私の入院中、最初の頃以外はあまり泣かなかったですし、お見舞いから帰る時にも笑って手を振ってくれていたのに、本当は想像以上に負担を強いていたようです。
そうと分かってから、抱きしめる回数を増やすようにしました。