1  2  3  4 最後≫

2013年9月23日(月)

キャンプテンボス

ハウステンボスにあるキャンプテンボスに初めて来ました。
出来たばかりのころはまだいろいろ充実してましたが、利用者が少ないらしく、シャワー設備は無くなりトイレは一基のみ(簡易だけど水洗だし汚くはない)となってしまいました。

テントはキャンプテンボスにあるものを自分たちで立てます。
うちのと同じタイプなので立てるのに苦はありませんでしたが、それならうちのを立てたかったなあ。もうだいぶキャンプしてないから風通しになったのに。

ペグは打たずにロープはブロックに結びます。ペグを打ち込もうとしたら土はあまり盛られてない部分が多いようで、根元まで打ち込めず諦めました。

キャンプテンボス

ほとんどパーク内で遊んでいてここには寝に帰ってきただけでしたが、ワインをたらふく飲んだあと千鳥足で帰ってこられるのはラクでした。
今夜は少し風がありましたが、そのお陰か過ごしやすくてグッスリ寝ました。

朝方は、ふれあい広場のブタさんたちが草をはむのに放し飼いになっていて可愛かったです。

手ぶらセットという、テント・シート・シュラフ・ミニLEDランタンが付いて来る初心者向けプランだったせいか隣の家族は多分キャンプ初心者だった(テント立てるのも係の人に手伝ってもらってた)のですが、朝早くからみんな大声で話しているし挨拶は出来ないしキャンプの基本マナーが出来てませんでした。
初心者向けならペラ紙一枚でもキャンプの心得的なものがあるとみんな気持ちよく使えるのになぁ。

サイトのそばにクルマはつけられますが、荷物を下ろしたら宿泊者用駐車場に移動しないといけないので、オートキャンプは出来ません。
お陰でケータイの充電がなくなって困りました。

可も無く不可も無くというキャンプサイトでした。
虫やアリはほとんどいませんでした。
ハウステンボス自体のオープンが早いと8時くらいからシューティングスター(300mのターザンロープ)の音で起こされますので、朝はゆっくり気分にはあまりなれないです。

今のところ入浴施設がシャワーすらありませんが、ハウステンボスの前のホテルローレライのお風呂で割引が効きます。歩いて行くにはちょっと遠いので夜行くのは難しいですが。
ハウステンボスに日帰り温泉が出来るというのでそれが出来れば便利になりそうですが、それまでキャンプテンボスあるかなぁ。

キャンプテンボス
[この記事の位置情報を見る]

2011年9月25日(日)

朝の散歩

夜中に雨がパラつきましたが、朝は爽やかです。

朝の散歩の代わりにドッグランに放しています。
こりゃラクだ。


2011年9月24日(土)

龍頭泉いこい広場

今年初のキャンプは龍頭泉に来ました。
初めて来ましたが、ドッグランがあるし焚き火も出来るし安いし、とてもいいです。
夜の空には満天の星そして天の川。

でもオートキャンプのサイトは元野球場で、何とも味気ない雰囲気。
荒れ地よりはいいけれど、砂埃がすごいです。




[この記事の位置情報を見る]

2010年9月26日(日)

撤収

野岳湖キャンプ場の続きです》

チェックアウトしました。
リヤカー係は子どもたちでした。特にたんぽぽが頑張ってくれました。写真では南斗が引いてますが、基本的にヤツはラクなお手伝いしかしません。リヤカー引くのも下りだけです。

これだけ楽しんで千数百円と、大変リーズナブルでしかも日陰が多くて快適なサイトでした。

スーパーも近いし、これで温泉が近くにあれば最高なんですが、そこまで望んでは贅沢かな。

マシュマロ焼き

野岳湖キャンプ場の続きです》

みんな意外に知らないみたいなのですが、マシュマロを焼くと、外がパリパリ中がトロトロでとても美味しくなります。
何個も食べると飽きちゃうけどね。

このくらいの焼き加減がベスト。


火遊び

野岳湖キャンプ場の続きです》

大人の火遊びは出来ないので、ホントの火遊び中。

起床

野岳湖キャンプ場の続きです》

これまでのキャンプになかったくらい深く眠りました。
ただ、南斗にシュラフを独り占めされてしまって私はレンタルした薄い毛布二枚だけだったので、起きたときには少し寒くて、ちょっとノドが痛いです。風邪なのか乾燥なのか分かりませんが。

五時に起きてしまったので、周りの景色をカメラで撮ったり、コーヒーを挽いて飲んだりして遊んでます。
テントサイトには他にひと組しかいないのもあって、とても静かな朝です。


2010年9月25日(土)

野岳湖キャンプ場

今日は今期二回目のキャンプで、初めての野岳湖キャンプ場です。
ネットではキャンプ場の写真や評価があまりなくてどういうところか想像しにくかったのですが、湖のそばの綺麗なところでした。

初めてオートキャンプ場でないとこです。いままではオートキャンプ場であるというのを必須条件にしていたのですが、それだと長崎ではかなり選択肢が狭まってしまうし、うちも回数をこなして慣れてきたので、ノーマル(?)なキャンプ場です。
駐車場からリヤカーで荷物を持って降りてきました。

回数こなしたといえば、ついにテントを新調しました。
今までは傘みたいに開いて立てる初心者向けワンタッチテントだったのですが、子どもたちが大きくなるにつれて手狭になってきたし、もう初心者じゃないと思うので、ちゃんとしたのを買いました。
ドームテントとスクリーンタープのセットです。
超快適です。大満足。

しかし今日は割と風が強くて、涼しかったので焚き火していたのですが火の粉が飛んで危ないので消しました。
焚き火がキャンプ最大の楽しみなのになあ。



[この記事の位置情報を見る]

2010年8月22日(日)

キャンプ終了

四本堂公園キャンプ場の続きです》

過酷だった海キャンプを無事終了して帰路です。

片付けのあと少し海で遊んでシャワーを浴びて出発しました。

熱帯夜に苦しめられましたが、クルマで15分くらいのところに温泉があったのはよかったです。
南斗がずいぶん気に入って帰りにも寄りたがりましたが、疲れたのでスルーです。

夏のキャンプはやっぱり山の上などで避暑でないとダメですね。

ああ疲れた。
面白かったけどね。



[この記事の位置情報を見る]

アリだらけ

四本堂公園キャンプ場の続きです》

昨日バーベキューで使ったトングやらなにやらアリだらけになりました。なんだこりゃ。
アリが多いとは聞いてたけど、これほどとは。ほんとにひどい。

朝からアリ退治に汗をかきました。


ね、眠れない…

四本堂公園キャンプ場の続きです》

暑くて眠れない…。

南斗だけグウスカ寝てるけど、他の三人は全然ダメ。
テントから出ていろいろ試した結果、エンジンかけなくてもクルマの中にいるのが一番快適じゃなかろうかと、妻とたんぽぽをクルマに乗せ、私だけテントに戻ってきました。
二人になれば人口密度も減って、少しは寝られるかな…。

このままクルマを走らせて、エンジンかけたままクーラー効かせて寝られるとこまで行ける(もしくは一時間かけて家まで帰る)といいのですが、二人ともお酒飲んじゃって運転出来ないのです。
オートキャンプ場でエンジンかけっぱなしは周りの迷惑になるから出来ないしね。

夏の海キャンプはやっぱりダメだ〜。涼しいとこ行かないと。これは過酷すぎる。

ここ何組も来てるけど、みんなどうしてるんだろう。

2010年8月21日(土)

四本堂公園キャンプ場

一年ぶりのキャンプは、初めて来た四本堂公園キャンプ場です。

海の夏キャンプは、昼間の準備が地獄ですね。
日が暮れてからはなんとか涼しくなりましたが、このところ突発的な雨があるので夜中が心配です。
しかし涼しいとは言っても、テントで寝るのがつらいくらいには暑いです。寝られるかな。

目の前が海で水遊びが出来ます。(海水浴はNGだけど、海水浴と水遊びの境はなんだろう)
子どもたちは堪能してました。

夕飯は近くの魚市場で食材を買ってバーベキューにしようと思っていたのですが、やたら高かったので、もう少し手前にあるスーパーで買い出ししました。

オートキャンプ場で水道がサイトに付いてないのは初めてです。
かなり不便です。

長崎では焚き火OKのところが少なくて、OKのここは希少ですが、ここは薪を売ってなくて木切れを拾ってこなければなりません。木切れは火が短いので忙しく、のんびり焚き火を楽しめません。
なかなか上手くいきませんね。

うちのテントはちっちゃくて恥ずかしくなってきました。
初心者向けのワンタッチテントで、初心者のうちは別によかったのですが、だいぶ初心者でなくなってきて恥じらいが出てきたのでした。
狭いし、いよいよ買い換えかな。





[この記事の位置情報を見る]
1  2  3  4 最後≫