≪最初 <前 1  2  3  4  5  6  7 最後≫

ジクジク

今日の当直はベリーキュート!
レッツナースコール!

手術跡はもう今後はそんなに変わらないでしょうね。
ジクジクズキズキです。
痛みが無くなるまで待ってたらいつまでも退院できないし、かと言ってすぐには出られそうにないし。

執刀の先生に聞いたら「神様が休めと言ってるんだからゆっくり一週間くらい休みなさい」とか言ってましたが、そんな悠長なこと言ってると会社様から永遠の休みを貰いかねないので、ほどほどに退院させてもらおうと思います。

それにしても、六話見たのに七話見られないのはきついですね。
48時間の落とし前付けてほしいです。がっくり。

写真は手術室のランプです。
私が手術後ストレッチャーで運ばれたときには確かに点いていました。



晩ご飯

もうお昼から通常モードのご飯です。
いつも腹七分目くらいなのですが、これくらいの量が身体にいいんでしょうね。
いい機会なので、私も間食しないようにしてます。
入院して三キロほど痩せました。
いいだろ>青島イチロー氏




このブログについて

踊る鑑賞は二話と四話を見ましたが、間の三話が見られないのが消化不良で、一旦休憩です。

誰かから「天罰だ」と言われましたが、あまり楽しいと退院したくなくなるので、きっと神の思し召しでしょう。
実際早く退院して、フリーズを気にせずDVDが見たいです。

しかし、真下公開の時にも思いましたが、いい時代になりましたねぇ。
パソコンなくてもこうして日記が書けたり写真が貼り込めたり、その写真にGPS情報引っ付けて地図表示できたりするんですからねぇ。
しかも通信料は定額です。

調整不足でパソコンからコメントするとエラーになるのは不覚でしたが、次(もう入院したくないので室井の時ね)もまた活躍してくれるでしょう。

ああ、ほんとにいい時代だ。

写真は真下本。
かいちゃんから「東陽町の地下鉄ってこれだよね」とメールが来た(2枚目)ので調べているところ。
多分ビンゴです。



 

踊る鑑賞

もう寝足りたようで眠くならないのと、メールで「一日観てられるなんて羨ましい」とあったので見せつけてやろうと、踊る鑑賞することにしました。

座れないので、仰向けになって見ることにしました。
なかなかいい感じです。

でも先に書いたようにポータロウの調子が悪いので、各DVDの一話目しか見られません。ちぇ。

昨日から続いた点滴がやっと外れました。
やれやれ。



寝て起きて

一時間寝ては20分ほど起きて、というのを繰り返しています。

朝よりは元気になった気がしますが、これ書いたらまた眠くなるかもしれません。

写真はさっき知り合った棒人間くんです。
シャイなので、人を見ると、隠れようとして走って逃げます。



一日ぶりのご飯

一時間おきに寝起きを繰り返してます。
だるいです。

ようやくご飯を食べられました。
おかゆと味噌汁と卵豆腐です。

傷口が痛くて早く横になりたくて、一日ぶりでもあまり味わうことなく、かき込みました。

今日は多分最も付き添いを必要とする日ですね。
でも妻たちが帰ってくるのは金曜日以降だそうです。



麻酔切れる

一時頃麻酔が切れて、痛み止めの筋肉注射を打ってもらいました。
あんなに痛がった筋肉注射ですが、実際に症状として痛みが伴っているとまだ平気ですね。(でもやっぱり痛かったけど)

そして今、ようやく左足が完全に戻りました。

腰が痛いです。触ってみたらカチカチです。
わざわざナースコールして腰揉んでって言ったら怒られるかな。

2005年5月16日(月)

切れてきた

寝てるのに飽きて起きました。
完全に麻痺してた左足も徐々に回復してきました。
回復するということはつまり麻酔が切れてきたということで、傷口の周りもチクチクしてきました。

手術直後から、おなかがペコペコで、手術室から出て来て第一声もそれでした。

ノドもカラカラです。
何でもいいからゴクゴク飲みたいです。
朝には解禁されるかな。

三倍に感じていた足の肥大成長は、現在1.5倍ほど。

麻酔のせいで微熱もあります。
さだまさしの「微熱」という曲は恋の歌でした。
恋をしているのかもしれません。(何のこっちゃ)

手術終了

先ほど終わりました。
下半身の左半分に麻酔をかけたので、左足が三倍くらいに腫れ上がっている気がします。

心配していた腰椎注射は、それほど痛くありませんでした。
その前の筋肉注射の方がよほど痛かったです。

手術中はまったく痛みはありませんでした。
皮膚感覚がないので、切られたことすら気づかず、看護婦さんと心電図について喋ってました。

途中退屈になって寝てました。体勢がよくなくて肩が凝りました。手術で一番痛かったのは、この時の肩でした。
そのくらい手術は楽でした。

やたらびくびくしましたが、たいしたことなくて良かったです。

終了後、ブツを見せて貰いましたが、ホルモンみたいなのがプルプルしてて、大小二個ありました。
そんなにあったのか。

しばらく手に力がはいらなかったのですが、だいぶ戻ってきました。

頭に麻酔が回るからというので枕禁止令が出ました。

次の山場は今夜半ごろの麻酔が切れたときです。

とりあえず寝ます。
疲れたあ。

手術前最後の更新

4時に打たれた筋肉注射が死ぬほど痛かったです。
もちろんベリーキュートは笑ってました。

これから最大の山場、腰椎注射が待っています。
多分これでほんとに死ぬので、よろしくお願いします。(誰に)

時間的にもこれが手術前最後の更新になると思います。

健康なみなさんが羨ましい!

と、じいさんぽい言葉で挨拶に変えさせていただきます。

アディオスアミーゴ。



点滴開始

点滴が始まりました。

右の手の甲に刺されました。
ムチャクチャ痛いです。なのに夜中までこのままだそうです。
私は血管が浮きにくいタイプで、いつも痛い思いをします。

ベリーキュートは
「お産よりマシですから」と、男の私には全く分からないことを言って去っていきました。
「痛いですか?」と言う度にニコッと微笑むサドの気がありそうなベリーキュートですが、ホントに可愛かったので許しちゃう。

でも痛い。



衝撃の事実

なんと、いびきがうるさかったのはヌシではなく、その隣りの人でした!

って「!」付けるほどのことじゃないんですけど、他に話題もないもんで。

さっきのベリーキュートが年上らしいという、年上好きには朗報っていうか、わたしが嬉しかった情報もあるわけですが、目尻の皺だけで年上と判断するのは性急ではないかね室井くん。(誰の物真似かは不明)

わたしも昼寝してたのですが、起きたら喉が乾いてました。
寝て起きたら喉かわくよね、そう言えば。
そのお陰か空腹感は治まってます。

みんなお見舞いが来てていいなぁ。
寂しいというより、暇がつぶせるのが羨ましいです。
あー退屈。



≪最初 <前 1  2  3  4  5  6  7 最後≫