≪最初 <前 1  2  3  4  5  6  7  8  9 最後≫

2007年4月11日(水)

定期検診結果

脳腫瘍の方はほぼ順調だそうですが、腫瘍があったところの脳の圧迫が完全に戻らず、それが左足のしびれになっているようです。

血管のガンマナイフの方はほとんど変わらず。
実は処置失敗だったんじゃないかと訝しんでいたりもするんですが、そうだとしても結果が分かるのは2、3年先です。

次の検査は12/4で、また造影MRIです。
それまでまたこのカテゴリーはお休みの予定。

広大病院にスタバ

久々の病院です。

半年ぶりに来たら、二階のたんぽぽや南斗がゴロゴロ転がって遊んでいたスペースに、スターバックスが出来ていました。
ビックリ。

世界中のスタバに立ち寄って記録に残しているアメリカ人がいたけど、彼でもさすがにここまでは来るまいね。

二〜三週間続いてる咳は、かかりつけの耳鼻科に診てもらったら、その前に引いた風邪をこじらせたものらしいです。
変な病気じゃなくてよかった。

2006年10月12日(木)

多分今年最後の現状まとめ

MRIの結果も良好ということで、次回検査・診察は来年の4月11日となりました。
毎月有給を消化して通院して、ついに有給残がなくなってしまいましたが、来年はタップリ遊びに使わせてもらうことにします。

特に変化がない限り、このカテゴリーの更新も来年までお休みします。

そんなわけで、おそらく今年最後の現在の状態まとめを。

続きを読む "多分今年最後の現状まとめ"

2006年10月11日(水)

MRI結果

先日受けたMRIの結果を聞くのと定期検診を受けに病院にきました。

今までは妻に車で送ってもらっていたのですが、彼女は午前中はパートに出るようになったので、一人で電車を乗り継いで来ました。
うちからは交通の便が悪く(だから車で送ってもらっていた)、路面電車→電車→バスの乗り継ぎコンボで、久々に通勤ラッシュに巻き込まれました。あー疲れた。

MRIの方は、頭そっちのけで蓄膿の話をされるほど、蓄膿症が酷い状態です。確かに痛いし辛いです。
頭は、腫瘍は問題なしというかまだ異常が出る時期でないです。
血管の方がやや正常でないようですが、処置が必要なほどではないとのことで、次回は半年先になりました。わーい。

雨で痛むのは典型的な症状なんだそうで、どうやら私の雨アンテナは生涯のデフォルト装備となるようです。

とりあえず耳鼻科行かなきゃ。

150万円で始まった治療費も、今日は210円でした。

2006年10月 5日(木)

造影MRI検査

今日はMRIの日です。
結果は一週間後聞くので、今日はホントに検査だけです。

造影剤入れるというので熱いやつを覚悟していたのですが、点滴し続けるCTのと違って注射を一本打つだけでした。

2006年8月30日(水)

8月度定期検診

手術をした2月23日から188日目。
今月の検診です。

今月は数回、ロキソニンが必要なほどの頭痛がありました。

今日は脳波の検査もしました。
プチプチとちっちゃい針を20本ほど頭に刺して、30分くらい寝転がってました。
痛くはないですが退屈でした。
無事異常なし。

次回は10.5で、造影MRIです。
硬膜動静脈瘻の方の経過観察で、こちらはガンマナイフ照射後初の検診となります。
放射線治療ですからガンが怖いです。うちガン家系だし。

2006年7月25日(火)

7月度定期検診

手術をした2.23から152日目、五ヶ月後の検診です。

前回のCTスキャンの結果、思っていたほど脳の収縮は戻っていないらしく、腫瘍のあったところの脳が少し凹んだ感じであることが分かりました。
まぁそりゃ15年も居続けた腫瘍だもの、取ったからと言ってすぐに脳みそが戻ったりはしませんよね。

それ自体に支障はないのですが、左足のしびれはこれから来るのかもしれないと言われました。
今までは「脳とは関係ないはずなんですけどね」と言われてきて、じゃあ何なんだと心配していたのですが、原因がこれと分かれば安心です。
今も微かにジンジンし続けていますが、日常生活に影響のあるほどではないですし、特に問題はありません。

薬は、てんかん止めのデパケンとしびれ止めのメチコバールが同時にストップされ、ついに薬がなくなりました。わーい。
「本当ならもう少し続けたいけど、今まで何の兆候もないしね」とのこと。
薬を止めてみて様子見といったところです。
これについては、私にやりたいことがあって、少し無理を言って早めに進めてもらっています。

続きを読む "7月度定期検診"

2006年6月27日(火)

6月度定期検診

定期検診。
いつもの問診と、今回は頭部CTスキャンを撮りました。CTの結果は次回聞きます。


現在の状態報告。

<髪の毛>
ほぼ生えそろいました。
先月はまだ薄かったから、今月になって一気にブワッと生えた感じ。

<足のしびれ>
相変わらずですが、日常生活に支障はないのでまぁいいでしょう。
たまにひどくビリビリすることがありますが、ごく短時間です。

<薬>
てんかん防止のデパケンが、朝一回のみの一日100mgに減りました。
問題なければ次回でデパケン終了です。

足のしびれ対策のメチコバールは引き続き朝晩二回です。
上にも書いたように、全く変わらないので効果のほどはよく分かりません。
やめたらもっとビリビリするのかな。

<頭部>
術後の説明で聞いていた通り、ついに頭が陥没しました。
ちょうど縫った(正確にはホチキスで留めた)ところがボコッと凹んでいる状態です。
髪の毛があるので外見上は全く分からないと思います。手で触ってようやく分かるくらい。
陥没自体に痛みはないです。

<痛み>
たまにズキズキ痛むのも相変わらずですが、頻度はだいぶ減ってきた気がします。
今月はロキソニンが必要なほど痛むこともなかったです。

2006年5月31日(水)

定期検診

手術後3ヶ月。
今日は月一の検診の日です。まだ問診のみです。

先月とあまり変わりませんが、耳のところの脱毛はかなり改善されてだいぶ伸びました。あのままだったらどうしようかと思っていたのでホッとしています。

足の痺れもやや軽減された気がしますが、気のせいかも。
数値化できないので比較が難しいです。

病理検査の結果、私の腫瘍は15年くらい前からあったようです。
高校生くらいからあったみたいね、と言われました。
家賃貰わなきゃ。

次回は来月末、CTスキャン付きです。



2006年5月13日(土)

経過報告

手術をした2月23日から本日で79日目。(日数計算スクリプトは便利だ。自画自賛)
特に異変があったわけではないけど、記録として現在の状態をメモしておきます。

続きを読む "経過報告"

2006年4月26日(水)

定期検診

月に一度の検診の日です。

先月と比較しても状態はほとんど変わってませんね。
一番顕著な症状である足のしびれはそのまま継続中です。
頭痛の回数は少し減った気がします。気がする程度ですが。
右側頭部のツルツルも相変わらずです。ここ、ほんとに生えてくるんでしょうか。

薬は今までのデパケンとメチコバールに加え、足の痺れ向けにセロクラールが処方されました。

次回は5月31日。

2006年3月30日(木)

ひとまず終了

病気自体は「はい、完治」とはなっていないのですが、これから定期的に検査を続けて再発や転移がないことを確認していきます。
しばらくは一ヶ月毎のようです。

薬は、術前から飲んでいるデパケンというけいれん止めを飲み続けています。
しばらく様子を見るようで、昨日は「二年ほど飲み続けて様子見ましょう」とかいわれました。面倒ですが仕方ないですね。

腫瘍がなくなって初めて、「咳をして頭痛がするのは正常でない」と知りました。
改めて意識したのは腫瘍が分かってからですが、少なくともここ数年は咳やクシャミをすると頭痛がしてました。
ほとんどは軽いものでしたが、たまに「いたたたたた!」と頭を抱えるほど痛いことがありました。
その時は咳が出ているということは風邪ひいてるわけで、風邪ひいてるんだから頭も痛くて当然と思ってました。
が、腫瘍がなくなると、咳程度で頭が割れるほど痛くなったりはしないんですね。思えばあれも脳腫瘍の症状だったのでしょう。

<現在の状況まとめ>
▼左足の先がしびれている
 スリッパが勝手に脱げるようなことはなくなりましたが、机の下でスリッパが脱げちゃった時、見ずに履くのは困難です。実際困ってるのはその程度で、歩いたり走ったりするのには支障ありません。
 ジワジワーッと治ってる気がしますが、私が慣れただけかも。
 昨日の診察では「左足首から下なら分かるけど、脳の障害でそんなピンポイントな症状は出ない」とのこと。血管の障害が第一に考えられるけど、カテーテルを入れたのは右側なので左は関係なし。結局、よく分からないようです。

▼頭が痛い時がある
 ズキンと痛む時がありますが、昨日も書いたように神経や血管や筋肉が再生しているのが原因とのこと。一年くらい続くかもと言われました。
 あまりに痛い時にはロキソニンで退治。

▼頭の感覚が鈍い
 頭頂部を中心に、頭の感覚が鈍いです。
 痒い時に掻いても、痒みは治まりますが爽快感が全くありません。シャンプーも同様です。
 ブラシを当てる時の力のいれ具合が分かりにくく、痛いことが結構あります。
 これも数年続くと言われました。

▼頭の形はまだ正常
 今のところまだ頭は変形していないですが、一年くらい経つと手術部がペコペコと凹んでくるとのこと。
 髪の毛があれば外見では分からない程度らしいですが、一気に凹むわけでないでしょうし、ブヨブヨしてき始めた時にはすごく不安になると思います。
 要・心の準備。

▼右耳の周りがハゲてる
 医者によって原因が「手術時のレントゲンの放射線」だったり「血管を閉塞して養分が回らなくなっているため」だったりいまひとつハッキリしませんが、禿げてツルツルです。
 最初の頃はホントにショックで今のところ帽子をかぶったりしてますが、正直なところほとんど鏡を見ない私にとってはどうでもよくなってきてます。他のとこの髪が伸びてきてあまり気にならなくなってきたのかも。
 どの医者も「多分治りますよ。全部かどうか分からないけど」と言ってくれているので、その“多分”に期待。

▼結局のところ、健康体
 別に何か制限されてるわけでもないですし、ハゲ以外はいたって健康です。
 左足のしびれも見た目には全く分かりません。
 手術部の髪がまだ薄いですが、順調に伸びてるようです。

▼期待はずれ
 数年も私に寄生していた大きな腫瘍がなくなるのだから、術後はスッキリして頭の回転が速くなったり、超能力が宿ったりするかと期待していたのですが、微塵もその兆候はありません。
 むしろおバカになった気がする。


そんなわけで脳腫瘍の件は一応落ち着きましたので、今後経過観察時に何か書くかもしれませんが、とりあえず“脳腫瘍闘病記”カテゴリーの更新はしばらくお休みということにします。
別にこうして切る必要はないのですが、気分的に落ち着きませんので。

何でもそうですが、乗り越えてしまうとその時の苦労や苦痛は忘れてしまいますね。
今は桜の花見どこに行こうか、とか、子どもたち大きくなってお弁当箱小さくなったから新しいの買わなきゃ、とかそういう普通の話ばかりしています。
約二ヶ月、この当たり前の日々を待ち望んでいました。

たくさんの応援メール・コメント、ホントにありがとうございました。一つ一つお返事出来なくてすいませんでした。
同じ病気で悩まれてる方もおられるようですが、ぜひ乗り越えてください。

≪最初 <前 1  2  3  4  5  6  7  8  9 最後≫