≪最初 <前 1  2  3  4  5  6  7  8  9 最後≫

2006年2月28日(火)

部屋移動

個室から、前のような四人部屋に移動しました。
今度は廊下側のため、窓がありません。
夜景好きだったのにな。

MRIの前後からヘロヘロで、今はベッドに転がってます。
どうも頭痛のせいみたいです。
いつまで続くんだろうこの頭痛。苦しい。

お遊戯会回避

今日は昨日よりだいぶ体調がいいです。

昨日は寝る頃に激しい頭痛に襲われましたが、いつものロキソニンで回避しました。

日産からトヨタの空飛ぶバギーに買い換えたらアクセルとブレーキが反対でどこまでも飛んでいくという夢を見ましたが、振り落とされて地面に激突してもまだ夢が続いてましたから、かなり深く眠ったようです。


3/1にたんぽぽのお遊戯会があるのですが、「雑菌が多い」ということで見学を止められました。
手術日が2/23と決まった時にはギリギリ行けそうだと思っていたのですが、今月は28日しかなかったのね…。
元々ド平日に開催されるため行けるものではなかったのですが、病気のお陰でそれが叶うかと楽しみにしていたので、とても残念です。
妻にビデオの技を教えて、しっかり撮ってきてもらうことにします。

写真は手術後からずっと付いている心電図の送信機。
手術前に問題になった不整脈について調べてくれているようですが、少し汗掻くとすぐ取れちゃうし、寝てても邪魔です。
このあとやっと外してもらえるようです。

傷口は一日一回消毒されながら様子見の状態。
左足のしびれは徐々に範囲が狭まっていっている感じ。
多分順調なんでしょう、そうと言われたことないですが。

今日はMRIがあります。久々のロング散歩です。
(検査や診察は外来病棟でやります)



2006年2月27日(月)

少しお疲れ

ちょっと疲れたみたいで全体熱っぽくダラダラしてます。
いきなり全快はしませんわね、そりゃ。

てなわけで、今日はのんびりさせていただいてます。

2006年2月26日(日)

ただいま個室

術後も一般病棟ですが個室の方に入ってます。
さすがに術後は頻繁に看護師さんたちが出入りするので、相部屋は無理ですね。

明日くらいにはまた相部屋に移動になると思います。

今日は子供たちがきましたが、南斗(なんと)が愚図って暴れても個室なら平気です。


ひろびろ、手前にはリクライニングチェアもあり


わーい暴れちゃおう

2006年2月25日(土)

点滴なしの夜

消灯前に38.3度あった熱は、ロキソニン(お薬)のお陰か下がってます。

今晩は三日ぶりに点滴がはずされました。
点滴自体は明日以降も続くので、入口は残ってるんですけどね。
ゴロゴロ寝返り打てるって素晴らしい!

しかし、消灯時間が過ぎたというのに眠くなりません。
昼間寝すぎたのでしょうか。
少しでも元気になってる証拠かな。

ちょっと暑いです。それも原因かな。
頭の中もジワジワ汗掻いてます。
しばらく髪は洗えないので、勘弁願いたいところです。
[追記]
病棟暑いんですけどと文句を言ったら「それはあなたの体温が高いせいです」と言い返されました。
驚愕の事実!?

コメント有難う

たくさんのコメントありがとうございます。
手術後はたくさんの夢を見たのですが、このブログの応援コメントも出てきて、本当に力になりました。
ほんとに感謝です。

あとは抜糸まで静養して退院するだけなので、大丈夫です。

だるい日

今日は一日ダルくてゴロゴロしてます。
体はかなり自由が利くのですが、体温が高くてヨレヨレです。

昨日も似たようなこと書いた気がする…。

左足のしびれも残ってます。
歩いてると知らない間にスリッパが脱げてる感じ。

2006年2月24日(金)

帰還

無事帰還しました。
ただいま術後の発熱と戦っていますが、座薬で少し攻勢にでたとこです。少し楽になりました。

腫瘍は無事みんなとれたみたいですね。良性らしいし、再発しないといいなあ。

左足にしびれが残ってます。これがなくなるにはしばらくかかりそうです。

とりあえず、みんなに感謝感謝です。



手術翌日

昨日の様子です。

手術内容の説明が術後すぐにありました。
実際の手術の模様を録画したDVDで、腫瘍を切り取り、静脈に張り付いた部分を切除し、焼いている映像を見せてもらいました。血が駄目な人は見られないと思います。
腫瘍は、見えているものはすべて取った…と。そして取れ方のレベルで言うと上から二番目だとの事でした。やっぱり癒着がひどかったようです。
出血は200~300cc程度で済みました。映像でも切り取った端から出血してましたが、血を吸い取る綿のようなものを乗せてました(これは吸収されるらしい)。その上から人工の膜を。何故人工膜かというと、夫の場合若く、再発が高確率で考えられるからだそうです。再発した場合、生物系の膜だと癒着がひどいそうで、それで水漏れしやすくはあるけど安全な人工の膜を使うことにしたそうです。
腫瘍も見せてもらいました。(夫が見たがっていたので携帯で撮りました。)
歯茎みたいな色でした。堅さはゴムボールよりちょっと硬いくらい。大きさは卵二つ分くらい。術中の簡単な検査では悪性度は高くなく一般的な髄膜腫と言ってよさそう。もちろん病理待ちではあるけど。それが何より。
腫瘍を取った途端、今まで圧迫されていた脳みそが盛り上がってきて、3cmほど押されていた脳がすでに1.5cmくらいは戻っていたそう。手術翌朝のCTではほとんど戻っていました。

不整脈は喉に挿管した時にその刺激で止まったらしく特に問題はなし。でも血液を薄める薬を入れながらの手術だったので術後は朝まで酸素マスクをする事に。

今後は一週間後にまたMRIを取るけど抜糸が終わって元気なら早くに退院出来そう。硬膜道静脈ろうもあるのでまたそれは後日、という話。
まずは腫瘍が、理想とする形で取れた事が何より良かった。夫は頭に包帯をぐるぐる巻いていて、熱もあり、酸素マスクをして点滴に心電図に頭の中にたまった血を抜く管に、尿管に、足には血栓が出来ないように一定時間で血圧測定みたいにふくらんだり縮んだりする機械を付けたりしていて物々しかった。でも夫は帰室時にはほとんど意識もはっきりしており、タンがよく出るとか、頭が痛いとかいろいろ言ってました。他にもいろいろと話が出来て、元の夫が戻ってきたなあとほっと安心しました。

翌朝、今病室に来ています。左足がずっとしびれているそうで、CTを撮りました。特に問題はなかったそうなのでしばらく様子を見ることになります。熱がありかなりきつそうです。先ほど頭の管ドレーンも取れ尿管も取れ、自力でトイレまで行きました。二日間ほとんど寝たきりだったのでめまいもひどく、動くのが辛いそうです。
今日中の更新は無理そうだけど、熱が下がれば一気に元気になると思います。

2006年2月23日(木)

詳細

手術では予定通り見えているもの全ての腫瘍摘出ができました。
いろいろ説明を聞いたので詳細をアップしたいところですが携帯では無理があります。明日かずさんのノートで更新しますね。明日にはかずさん自身で更新できるかも。朝まではまだまだ大変で今も痛い痛いと言っているのだろうと心配ですが回復は早そうです。
そういえばかずさんが心待ちにしていたノートパソコンが今日届きました。喜ぶだろうなあ。

応援本当にありがとうございました。待っているというのも本当にきつくて、度々ネットをしては皆さんのコメントを読ませてもらいました。心強かったです。

終わりました

無事五時半に病室に戻ってきました。まずはご報告まで。

手術室に入りました

かずさんは予定より遅れて手術室に入りました。不整脈があり、これが血栓を作るタイプの不整脈で術中に梗塞を起こしかねないそうで。薬を入れながら手術になりました。
本人は全く自覚がなかったけど今までもこういう体質だったのかもと言われました。術中にトラブルなく無事に終わる事を祈るのみです。

≪最初 <前 1  2  3  4  5  6  7  8  9 最後≫