かずブログ

odoru.orgの更新情報ページのおまけのブログです。 雑多な話題や写真付きの日記を書く時など、気ままに使用しています。

腫瘍、大きくなった疑惑

月曜日に受けられなかったので、本日髄膜腫のMRI検査をしてきました。

結果「確定では無いけど、腫瘍がおおきくなっている可能性あり」。
確定させるために、また八月に再検査します。
写真を比べるには、断面の画角が微妙に違っていて比較しにくいのだそうです。
なので再検査の結果、大きくなってるように見えるけど気のせいだった、ということになるかもしれません。

確かにMRIの機械が新しくなっていました。
以前よりだいぶ小型化されてましたし、ベラベラ喋るようになりました。
小一時間かかることもあり以前は検査中はグースカ寝ていたのですが、今回は「次のスキャンは30秒以内に終わります」とか「15分かかります」とかいちいち言うのでその都度目が覚めます。
次は音声OFFにしてもらおう。出来るか知らないけど。
そんな感じで、機械が新しくなったら画角が変わっちゃったのでしょうか。そんなことあるのか、医療機器に詳しくないので分かりませんが。

術前から分かっていた通り、私の腫瘍は血管に癒着していて切り離すことが困難なため、また良性でもあるので全部は取らずに一部は残った状態になっています。
いつかは分からないけど大きくなったらまた取りましょうということになっていました。
なので大きくなること自体は想定内です。ただ、もう少し先の話だと思っていました。

今までずっと「前回と変わらず」という診断で、「経過観察は三四年おきでいいよ」と言われて三年ぶりに来ましたが、初めて異変を告げられました。
いずれにしても、今の時点では急を要するほどのサイズではないとのことです。
たまに頭が重くなるので心配していましたが、そっちはまた気のせいかな。

そんなことより、どうやら脳外の医師が前と変わったみたいで、私に合いません。
「ご存知でないかもしれませんが、実は腫瘍は手術で全部取り切れてなくて、残ってるんですよ」と言われて、あ、この人駄目かもと思いました。
腫瘍が残っているという情報は、私から前回当時の先生に伝えてカルテに追加してもらったのです。(定期検診と再カテーテル検査検討
話しても何だかフワフワしているし自信無さそうだしカルテ書くにもモタモタしているし、今ひとつ信頼出来ません。
前は物言いもハッキリしていて、機材を自分の手足のように使いこなしていたし、かなり信頼出来る人だったのですが、今の先生は全く逆です。
前は曜日によって医師が違っていたのですが、今は全曜日同じ人なので変えられません。
半年後、どうなってるか再確認します。機材の操作のマスターくらいしといてくれるといいのですが。

前に担当してくれた閉院した恵比須町病院から来た先生はどこへ行ってしまったのか、名前で検索したところ、メモリードの葬儀案内のページのキャッシュが見つかりました。
同姓同名の別人でなければ、どうも前回の検査から一年後くらいに亡くなられたようです。
あなたに引き続き診てもらいたかったです。柴山先生。
私と同い年くらいだったのに。

柴山先生ともう一人いた方は、今は長崎大学病院にいるようです。
私は長崎大学病院と合わなくて転院してきたので(検査結果と転院)、いまさらちょっと戻りにくいですね。
とりあえず様子見します。手術が必要となったら考えよう。

今回の医療費は二回に分かれてしまっていつもと比較出来ませんが、1680円+8700円でした。
前回のMRI費用が安かったのは、造影剤を使ってなかったからのようです。
何故造影剤を使わなかったのか聞いてみたら、何年か前に造影剤の安全性に問題が出たことがあって、それで避けたのではないかと今の先生は言ってました。

冒頭に書いたとおり、次回は八月に再検査です。

脳腫瘍20210122.png

15年目の定期健診

最近頭が重い瞬間があるので、約4年ぶりの検査を受けに前回来た病院に来ました。

前は予約なしでもそのまま検査できたのでそのつもりで来ましたが、今日は予約でいっぱいでMRIが受けられず別日になりました。
電話で予約できるのか分かりませんが、次回からは事前に予約しておいた方が良さそうです。

娘が数日前に定期テストを受けるために福岡の大学と往復したため、「同居家族が二週間以内に県外移動した」というチェックに該当し、別待機所で待ちました。(といっても、衝立一枚隔てただけ)

前と脳外の医者変わったのかな。こんなフワフワした感じだったかなぁ?

DSC_1649.JPG

11年目の診察結果

実は今回は気になることがあって病院に来ました。
むかしまだ脳腫瘍があったとき、咳をすると腫瘍があったあたりが激しく痛むことがありました。
頭を抱えてうずくまるほど痛かったのですが、当時は脳腫瘍の存在も知らず、風邪を引けば当然頭は痛いものと思っていて気にも止めてませんでした。
それが、腫瘍がなくなると咳をしても痛くもなんともなく、あれは私の唯一の脳腫瘍の自覚症状だったんだなとそこで初めて気が付いたのでした。

あれから十年以上が過ぎ、数日前から同じような痛みに襲われるようになりました。
普段は何ともないのに咳をするとピキーンと痛くなる、懐かしいやつです。
これはなんだと不安になり、病院に来ることになったのです。

診察の結果は何でも無し。
MRI撮りましたが、何も映ってません。
「筋肉性の頭痛」という診断になりました。

合わせてここまでの経過観察と昨年カテーテルしようかと言われた硬膜動静脈瘻の確認です。
脳腫瘍はいまのところ再発は見られず、硬膜動静脈瘻は血管の写真に問題なく、異常があれば出てくる箇所の血管(目の上の方らしい)も通常通りで異常なしということで、オールグリーンとなりました。
特に硬膜動静脈瘻は初めて「完治」と言われました。診てくれた医師の所見なので別の人が見たら「いやまだ分からない」と言われるかもしれませんが、特に自覚症状もないし写真見てもおかしそうには見えないので、きっとホントに完治なんでしょう。

最後に次はまた二年後ですねと言ったら、「いやもっと頻度落としてもいいよ、三四年。もしくは今回みたいに何か気になったら来て」と言われました。

かなり良い感じの経過です。
次は三年後なら東京五輪を過ぎますね。
それまでなんともありませんように。


今回の検査費用は6,550円でした。
こんなに安かったっけ。

11年目の診察結果
11年目の診察結果
11年目の診察結果

MRI待ち

転院ということで、今までの治療の流れや経緯をまた一から説明することになりました。
恵美須町病院からは写真データくらいしか来てないみたい。
このブログのおかげで経緯を日付単位で正確に追えるのは助かります。

対応してくれた先生は、恐らく恵美須町病院で最後に「硬膜動静脈瘻調べるのに一度カテーテルした方がいいよ」
と言ってたのと同じ先生なのですが、今までの写真を改めて見たらその必要はないと判断したのか、この病院に設備がないのか、今回カテーテルはなくなりました。

MRI待ち

病院閉業・転院

久しぶりに検診に行こうとして診察時間をWebサイトで確認しようとしたら、通っていた恵美須町病院が閉業していたことを知りました。
今までの診察記録がないと次の病院決めるときに面倒だなあと、ダメ元で恵美須町病院の電話番号にかけてみたら、長崎あじさい病院に転送されました。
訊けば私のカルテも引き継がれているというし、脳外科の先生もそのまま移っているようなので、そのままあじさい病院に転院することにしました。
今日はその初回検診です。まだ待ってるところ。

病院閉業・転院

定期検診と再カテーテル検査検討

前回2014年10月だったのでほぼ二年ぶりの定期検診です。

いつも水曜日で同じ先生だったのでたまには違う先生がいいなと思っていたし、歯茎が腫れていて急いで歯医者に行きたかったのもあって、今日にしました。

脳腫瘍の痕は特に変化なし。問題ないようです。
最近咳をしたときにちょっと頭が痛い気がして心配していたのですが、完全に気のせいでした。
160830-DSC_1527.JPG
▲今回も無理言って撮らせてもらった。
 マウスカーソル位置が髄膜腫痕

ただ、今回はいろいろ問題が発覚しています。
まず、髄膜腫が取り切れていないということが引き継がれていないということが分かりました。
広島大学病院のせいなのか長崎大学病院のせいなのか分かりませんが、今の病院の人たちは私の髄膜腫は綺麗さっぱり取れていると思っていたようです。
ただ、私が認識していてそれを医師に伝えられれば問題ないし、知らなくても毎回MRIで見ていて再発すれば分かるのでそこはあまり重要ではありません。
こうして数年おきに来てますしね。

事態が大きいのが硬膜動静脈瘻です。
前回「完治したね」と言われてカルテにもそう書いてあったらしいのですが、今回の先生が気が付きました。
"この硬膜動静脈瘻はそもそもMRIでは見えていなかったのではないか"

以前(2010.4.9)書いたことがありますが

ただでさえ普通のMRIでは見つからなくてカテーテルやってやっと見つかった病気
なのです。
今の病院は今までに比べるとMRIデータの解像度が高いし3Dでグルグル回せたりして高機能なので、カテーテルしなくても硬膜動静脈瘻が見えるのかと思っていました。(実際にMRIで見つかる例もある)
その上で異常がないから異常なしと言われたのだと思っていましたが違ったようです。
毎回経緯や病状を的確に伝えてきたつもりでしたが、これは確認不足でした。
自覚症状があれば変化も分かりますが、足のしびれや咳して痛かった脳腫瘍と違いこっちは私も完全に無自覚です。
硬膜動静脈瘻は治ったかどうか、まだ誰にも分からないということなのです。

広島大学病院で調べなかったのかと聞かれましたが、術後約一年で引っ越してしまったためその機会はありませんでした。
ガンマナイフは結果が出るまで三年程度かかるため、再検査するには早かったのです。

これを踏まえて、ここでカテーテルでの検査をした方がいいのではないかという見解になりました。
しかしカテーテル検査となると一泊入院が必要になります。費用もかかりますし身体への負担もあります。
一度持ち帰って検討するということにしました。

治ってもう何もないかもしれないけど、丸々残っていて今後何か起こる可能性も同じだけあります。
あとから「ああ、あの時ちゃんと調べておけば」と後悔することになるかもしれません。
一応、カテーテル検査する方向で行こうかなとは思っています。

ただ、ガンマナイフやって十年経ってるんですよね。
それを考えると十二年待ってもいいんじゃないか、次の定期検診の時に一緒にやるってことでもいいんじゃないかという気もします。
ちょっと考えます。

とりあえず、今回の医療費は7000円弱でした。
MRIで造影剤使わなかったのもあり今までより安く済んだみたいです。

髄膜腫定期検診

前回が2013年2月だったため、約一年半ぶりの定期検診です。
二年くらいおきでいいとは言われているのですが、ここ最近手術跡がズキズキ痛むことがあり、気になるので少し早めに来ました。

いつものように造影MRIで検査をし、すぐに診察を受けられました。(長崎大学病院ではこれが毎回別日だったのでホントにありがたい)

結果は問題なし。
最近頭が痛かったのは季節の変わり目で気圧の変化があったからではないかとのこと。
手術跡をクルリと指差しながら、「こんなに開頭したんだから、そりゃ痛みますよ」と笑顔で言われました。
そういえば手術直後にもそんなこと言われてたんでした。忘れてた。

硬膜動静脈瘻に関してはまったく見られず、ガンマナイフ大成功だねと言われました。
こっちは再発はしないので、もう心配ないよとのこと。

今回は造影用の注射がものすごく痛かったです。
今までこんなことなかったのですが、刺した瞬間からすごい痛みで、終わってからも二時間くらい痛みが続きました。
刺されたところが悪かったのかな。

脳腫瘍の方は完全には取れてない(血管にくっついていたから)のでいつかまた大きくなる日が来るかもしれず、このまま定期検診は続きます。

今回の検査費は9680円でした。
次はまた二年後。
※MRIの画像は、先生が選んでくれた“いい写真”です。

髄膜腫定期検診
髄膜腫定期検診

二年ぶりの定期検診

髄膜腫と硬膜動静脈瘻の経過観察の検査に来ました。
結果はどちらも全く問題なし。
髄膜腫も「ガンマナイフ当てたの?」と聞かれたくらい綺麗に無いそうです。

写真撮らせてとお願いしたら、写りのいい画像を選んでくれました。
この写真では分かりにくいかもしれませんが、どちらもクルクル回っていろんな角度から見られて分かりやすいです。

ついでに、ずっと謎な発覚のきっかけになった前日の身体のしびれについて聞いてみましたが、やはりこの腫瘍とは関係ないそうです。
「無症状で見つかったのは運がよかったですね。場所もよかったし」とのこと。
タイミングが良すぎて私には無関係には思えないのだけど、不思議だなあ。

次はまた二年後です。(特に二年と指定されてはいないけど、何年かに一度は検査した方がいいらしい)

今回の医療費は造影MRIで9,580円。
予約もなしでいきなり来られるのがいいですが、ちょこちょこ担当医が不在になるようなので事前確認は必要でしょう。
提携駐車場がありますが一時間しか無料にならないので歩いてきました。うちから30分ほどで着きました。


転院と定期健診

  • Category:

長崎大学病院はどうにも私と合わなかったので、恵美須町病院に転院しました。
前回の通院、去年4月に紹介状を書いてもらったので、もう少し早く来るはずでしたがいろいろあって今になりました。

診察結果の方は全く問題なし。
腫瘍も硬膜動静脈瘻も全く形跡無しです。
硬膜動静脈瘻は「ガンマナイフがばっちりうまくいったみたいですね」だそうです。ホッ。

いつまで定期健診を続けるか判断が難しいと言われました。こっちは一生続けるつもりでいたんですが、いつか「もう検査しなくていいです」と言われる時が来るのでしょうか。
とりあえず次の検査は二年後ということになりました。
月水金の午前中だそうです。(二年後の私に向けたメモ)


転院は大正解でした。
初診なのにいきなりMRI受けられた(長崎大学は三回も来なきゃいけなかった)し、ズバズバはっきり言ってくれる(長崎大学は曖昧な言い方しかしない)し、それを十分裏打ちしてくれるだけの高度な機材での検査結果(MRI画像が立体的に細かく出てた)で、とても信頼出来ます。
病院まで歩いて行けるのもいいです。
何より、病院の空気が合います。

症状の方は、今や自覚症状は全くありません。
長らく続いた左足のしびれも、正座した時くらいしか感じません。
たまにしていた頭痛も今は全く感じないです。一生付き合うのかと思ってましたが、治るものですね。
完治と言って差し支えないと思います。

手術では100%除去出来たわけではないと言われているので、何年か後にはまた再発する時がくるのだと思いますが、きっとそれはおじいちゃんになった頃じゃないかと思います。
通院すると毎回過去を振り返り「ほんとに運が良かったねぇ」(ラッキー (2006.3.13)参照)と思い返します。

次回の脳腫瘍闘病記は二年後です。
それまでなにもありませんように。

検査結果と転院


▲いつもどこか工事しているイメージの長崎大学病院

先日のMRIの検査結果を聞きにきました。
特に問題なしとのことですが「蓄膿症ですね」と言われました。前回も確か言われたし、もう慢性化しているようです。

今日は転院を申し入れました。
初めてこの病院に来て以来ずっと引きずっている不信感が拭いきれず、ハッキリと何が悪いということはないのですが、火木しか診察してもらえないという不便さもあり決めました。
トドメは先週のMRIで訊かれた「硬膜動静脈瘻はどこですか?」でした。

「又聞きの又聞きになるので転院繰り返すと大変ですよ」と言われましたが、ここじゃ蓄膿のことしか言われたことないし、大した問題ではありません。私がちゃんと説明出来ればいいでしょう。


▲ついにもらった紹介状

病院に対する不安をそのままにしておくのはよくないと、一番最初に個人病院から大学病院に移った時に学んだので、今回もそれに従います。

繰り返しますが、長崎大学病院が決定的に悪かったわけではありません。ただ私に合わなかっただけです。
気分的には一番最初の個人病院よりも合いませんでした。

症状については、以前からほとんど変わりません。
左足のしびれはもうほとんど(全くと言っていいほど)感じないですが、脱いだつもりでいたスリッパが左だけ残っていたということが最近二回続いたことがあったので、感覚が鈍いのは相変わらずのようです。

たまにうずくまるほど頭が痛むことがあるのですが、去年そう言ったときには「ああそうですか」としか言われなかったので、今年は言いませんでした。脳腫瘍と頭痛の関連は分かりません。
広大の時には「想像ですけど」と前置きした上で二三個は頭痛の原因を考えて話してくれたりしてたんですけどね。
担当医が三人いて三人とも違ったこと言ったりして混乱しかねないのでそれが良いか悪いかは人によって違うと思うのですが、私にはとても良かったです。どれも信じないという選択肢すらありましたが、選択肢があるだけマシでした。

長崎大学病院でよかったのは自動精算機です。これはホントにラクでした。

▲これはとても便利でした
最後の医療費は960円でした。
紹介状書いてもらったから5000円くらいかかると思ってましたが。

▲960円也

次回は転院先に半年後くらいに行けばいいかな。