かずブログ

odoru.orgの更新情報ページのおまけのブログです。 雑多な話題や写真付きの日記を書く時など、気ままに使用しています。

odologログ公開

odolog内で開設していたかずの気ままな踊ログの全ログを「odologログ」カテゴリにて公開します。

odolog内にアップした画像データは一切反映されていません(面倒なので今後も予定無し)が、その他はコメント・トラックバック含めて全て再現されています。

odologからMovableTypeへのインポート手順

11/30付で一般の投稿受付を終了したodologからMovableTypeへのログ取り込み方法についてご説明します。
現在、odolog側の不具合のため、そのままでは取り込めない状態になっています。

解決方法が分かりましたので運営側には連絡済みですが、対応される(のか?)までの間以下の手順で取り込んで下さい。

<2005.12.12追記>
odolog側で修正されましたので、中味の修正は必要なくなりました。
ただ、ネタバレ属性を付けた記事は「真下ネタバレ」「室井ネタバレ」というカテゴリーが自動生成されますのでご注意下さい。
<追記終わり>

洋画でよく見る仕草の謎解明

洋画を見ていると、登場人物が何か喋りながら両手に作ったピースサインをくいくいっと曲げて見せることがあります。

分かりにくいと思うので、私の素晴らしい画力で絵を描いてみました。
アメリカ人なので「NY」のTシャツを着せましたが、よく考えるとこんなTシャツ着るのは日本人くらいですね。閑話休題。

これは何だろうとずっと気になってたのですが、昨日ようやく分かりました。
ディズニーアニメキム・ポッシブルの中で、キムがこれをやった友達に向かってこう言ったのです

何それ、カギ括弧のつもり?
カギ括弧?
あぁなるほど、このくいくいはダブルクォーテーションのことだったのですね。

「ラブレター書くなら、ちゃんとあなたの全てが欲しいって書くのよ」

のような、強調の「“”」を手振りして見せてたんですね。
みなさんこれご存知なんでしょうか。
私はディズニーアニメに教えてもらって、ちょっと負け気分になっております。

ちなみにこれ、キムによると

それもう古いわよ
とのことで、ちょっと前のブームなのかもしれません。

知り合いの刑事が「アメリカで起こった事件は五年後日本で起こる」と言ってましたし、数年後には人差し指と親指でL字括弧を作る日本オリジナルのポーズがブームになるかもしれません。

・・・ちょっとかっこ悪いです。

チビ太のおでんのタネは何?

黄桜酒造から、パッケージに大人になったチビ太が描かれたお酒が発売されているそうです。
チビ太が大人になって登場! チビ太の燗酒
今どきこんな人いないよというようなヒゲを生やしたチビ太が目印だそうです。

チビ太と言えば




のおでんが有名ですが、これは何のタネでしょうか。

三角はコンニャクで丸はタマゴで四角ははんぺんかな、と思ってたら全然違いました。
紀文のおでん雑学によると、チビ太のおでんは「こんにゃく、がんも、なると巻」だそうです。
なると巻ってそんなにポピュラー?

「チビ太のおでんはサークルK」のサークルKのおでんは、今年はこんにゃく、つくね、うずら巻だそうです。チビ太のおでんじゃないじゃん。

てなわけで、今晩はおでんにしましょう。

「逃亡者 木島丈一郎」詳報

ザ・テレビジョン誌に掲載されていた情報などをまとめました。
「逃亡者 木島丈一郎」詳報
あらすじを全く知りたくない方はリンク先は見ないようにしてください。

記事によると「二人ともノーパンで気合い入れて頑張ってます」(もちろんユースケ談)とのこと。
特攻服みたいなのを着た木島の写真がバーンとありましたので、是非ご覧下さい。

儲かった話

儲かった話を一つ思い出しました。
「できるだろうか」を丁寧語で言うと

小学生時代、同じクラスに藤村君という天才がいました。
彼がある日の国語のテストで一問間違えました。
「包」という字のつつみがまえ(勹)の部分の最後の跳ねを忘れてしまって×が付いたのでした。
彼はそれがそうとう悔しかったらしく、放課後も一人残ってノートに“包”という字を何ページも何ページも大量に書いていました。

私がその問題を間違えたかどうかは記憶にないのですが、その大量の包の字とつつみがまえの跳ねだけは強烈に残り、以降間違えることはありません。

藤村君は放課後残って大量の包を書いて覚えたのに、私はそうしている藤村君を見ただけで覚えてしまった。
という、ちょっと儲かった(?)話。

観覧車の人の正体

本日発売の「小説 容疑者 室井慎次」によると、観覧車の老人は

元警察庁長官で今は民自党相談役の深江功太郎

だそうです。
警察OBの重鎮ってことですね。